左矢印
右矢印

2021.12.13 カラーハードナーデザインコンクリート

カラーハードナー施工
新設のコンクリートの打設時に表面の水分が飛んできた状態でカラーハードナーを散布したあと鏝で均していきます。手で触り手に付かない程度になってきたらスタンプでテクスチャーを付けていきます。 今回の施工では6種のカラー・スタンプを用い、沢山の施工を行いました。 カラーハードナーでベースの色は付いているので、アンティークリリースパウダーで陰影の着色を施し、 1日で完成させることが出来ます。
DATA
施工場所
石川県輪島市
施工年
2021年施工
施工内容
  • ハードナー

コンクリート打設2021.11.29
コンクリートを打設し直ぐにハードナーを撒くのではなく、少し表面の水分が飛んできた段階で 篩などで表面に散布していきます。 コンクリートの表面になじんできたら鏝で均し、しっかりと合わせていきます。 1回の散布では色の定着がし辛いので二回ほど撒くことを推奨します。

スタンプ施工2021.11.29
レギュラースタンプとフレックスのスタンプを併用し、コンクリートにテクスチャーを付けていきます。
ベースの色が付いているのでこの段階でほとんどの施工が完了します。

テクスチャーを使い分けることで多くのデザインが可能です。

完成2021.11.29
スタンプ施工が完了してらアンティークリリースパウダーを使用しカラーの陰影を付けていきます。 この工程を行うことで色の濃淡が付きまた一段仕上がりが良くなります。

コンクリート打設2021.11.29
コンクリートを打設し直ぐにハードナーを撒くのではなく、少し表面の水分が飛んできた段階で 篩などで表面に散布していきます。 コンクリートの表面になじんできたら鏝で均し、しっかりと合わせていきます。 1回の散布では色の定着がし辛いので二回ほど撒くことを推奨します。

スタンプ施工2021.11.29
レギュラースタンプとフレックスのスタンプを併用し、コンクリートにテクスチャーを付けていきます。
ベースの色が付いているのでこの段階でほとんどの施工が完了します。

テクスチャーを使い分けることで多くのデザインが可能です。

完成2021.11.29
スタンプ施工が完了してらアンティークリリースパウダーを使用しカラーの陰影を付けていきます。 この工程を行うことで色の濃淡が付きまた一段仕上がりが良くなります。