左矢印
右矢印

2021.08.02 デザインコンクリート

崩れレンガ柱造形
色や形、雰囲気などこの空間にあった造形を行い、デザコンウォールだからこそ表現可能な崩れたレンガを再現。 何年も前からそこに立っていたような朽ちた形、色を表現し歴史を感じさせるような柱に。
DATA
施工場所
愛知県名古屋市
施工年
2021年施工
施工内容
  • デザインコンクリート

打ち合わせ2021.06.03
年季が入り、風や雨など風化から削られているイメージです

デザコンウォールの造形2021.06.09
下地にEPS(発泡スチロール)を打つことでデザインウォールにより厚みを付けることが可能になり、
大胆な凹凸が施工可能になります。

造形に便利なカービングナイフやブラシなどを使うことでレンガの表面にも工夫をしています。

着色2021.06.10
何色かの色を組み合わせ凹凸や陰影を色でも付けることが可能になります。 また、ファウンという赤みのあるカラーを使用することで錆を再現し、歴史を感じられる印象に。

完成2021.06.10
明るさのトーンや家具との組み合わせなどに合った造形で崩れた柱も違和感のないオフィスになりました。

打ち合わせ2021.06.03
年季が入り、風や雨など風化から削られているイメージです

デザコンウォールの造形2021.06.09
下地にEPS(発泡スチロール)を打つことでデザインウォールにより厚みを付けることが可能になり、
大胆な凹凸が施工可能になります。

造形に便利なカービングナイフやブラシなどを使うことでレンガの表面にも工夫をしています。

着色2021.06.10
何色かの色を組み合わせ凹凸や陰影を色でも付けることが可能になります。 また、ファウンという赤みのあるカラーを使用することで錆を再現し、歴史を感じられる印象に。

完成2021.06.10
明るさのトーンや家具との組み合わせなどに合った造形で崩れた柱も違和感のないオフィスになりました。