左矢印
右矢印

2021.10.06 エクステリアウォールデザインコンクリート

門柱をダイナミックな石積に
お家のお庭にある門柱がリアルな石積に大変身。 下段に存在感のある大きな石を施工したことでランダムな石積の迫力が増しています。 主にコンクリートアースという塗料を用い、霧吹きで吹き付けて色を乗せ 表面の石目はブラシやスポンジでがテクスチャーを付け色の入れ方を変えることで濃淡を表現しています。
DATA
施工場所
愛知県知多郡
施工年
2021年施工
施工内容
  • デザインコンクリート

下地作り2021.09.14
ベースコートの上にデザコンベースを塗り付け、くしびきで表面を櫛目状に。 次の段階でデザコンウォールが乗りやすくする為の重要な施工です。 石積の為、厚みが付くのでくしもしっかり凹凸をつけます。

造形2021.09.15
石目の割付、造形。
ここでの割付で大まかな石の位置付けを行い、イメージを施工面に落とし込みます。
小さな石のインパクトや上下の石の重なりがリアリティーを高め
1つ1つの石を忠実に石積を再現しました。

着色2021.09.16
下地、ベース、細部・エイジングの3段階で色を入れていきます。 下地の入れ方で表面の透けた感じを出したり、発色を持たせることにも繋がります。 目地にも深みのある色、表面にも汚しのカラーを入れることで1つの石また隣り合った石の凹凸も再現可能になり、それぞれの石のストーリーを物語っています。

完成2021.09.30
周りのエクステリアとの相性も抜群で抜群の存在感を与えています。

下地作り2021.09.14
ベースコートの上にデザコンベースを塗り付け、くしびきで表面を櫛目状に。 次の段階でデザコンウォールが乗りやすくする為の重要な施工です。 石積の為、厚みが付くのでくしもしっかり凹凸をつけます。

造形2021.09.15
石目の割付、造形。
ここでの割付で大まかな石の位置付けを行い、イメージを施工面に落とし込みます。
小さな石のインパクトや上下の石の重なりがリアリティーを高め
1つ1つの石を忠実に石積を再現しました。

着色2021.09.16
下地、ベース、細部・エイジングの3段階で色を入れていきます。 下地の入れ方で表面の透けた感じを出したり、発色を持たせることにも繋がります。 目地にも深みのある色、表面にも汚しのカラーを入れることで1つの石また隣り合った石の凹凸も再現可能になり、それぞれの石のストーリーを物語っています。

完成2021.09.30
周りのエクステリアとの相性も抜群で抜群の存在感を与えています。