舶来土建

STAFF BLOG

アルルは夢がアルル!

皆さんこんにちは!

舶来土建の石堂です。

 

10月も折り返しですね。

なんと…

クリスマスまであと70日なんです!

 

クリスマスが今年もやってくる~♪

皆さんはクリスマスプレゼント、決めましたか?

今年の冬はとくに寒いそうですので…

私も自分にクリスマスプレゼントを買います!笑

 

 

さて今回は!

寒さを忘れてしまうような素敵な塗り壁、

『Arles (アルル)』

を皆さんにご紹介させていただきます@

(岡田課長、タイトルはYoutubeより拝借いたしました笑)

 

アルルとは…

 

南フランスのプロヴァンス地方に実際にある

地名からその名がついています。

 

その地方の街並みの特徴である

モコモコとした温かみのある外壁を再現できるのが

アルルなんです。

 

特長はなんといっても

”厚塗り”ができるところ。

最大4㎜の厚みをつけることが可能です。

 

もしかすると、

 

アルルに移住して

才能が開花したといわれている

 

「フィンセント・ファン・ゴッホ」を

 

思い浮かべた方もいらっしゃるかもしれません。

 

”ひまわり”や”夜のカフェテラス”

そして”アルルの跳ね橋”

 

ゴッホの名作は、アルル地方で描かれたものがほとんどです。

 

会社横にある小屋には、

実際にアルルが塗られています。

 

朝も

 

夜も

 

曇りの日も

 

 

表情は違うのですが、

どんな時も温かみを感じられます。

 

なんとなく

”命が灯っている”気がするんです。

 

毎夜、この小屋の前を通って

行ったことのない南フランスと

アルルを描いたゴッホへ思いを馳せています。

 

アルルについてもっと知りたい方は、

カントリーベースのYoutubeをチェックしてください!

外壁をプロヴァンス風に。厚みをつけられる外壁塗り壁材『Arles (アルル)』【ヒグネット・トモヤ】

 

 

施工についての動画は

舶来土建のYoutubeをチェック!

モコモコ可愛い外壁【新商品 Arles(アルル)】小屋をプロヴァンス風に

 

私と同じように

アルルっていいな、と思われた方がいたら、

とっても嬉しいです。

 

恒例となってきました、

最後に私のおすすめの本を。

”テープに録音された言葉をそのまま書いても、コピーにはなりません。

話された言葉そのものではなく、話し方や表情からにじみ出る

「言葉にならなかったもの」を、

なんとかして言葉にしていく。

それが、この仕事の、難しくて面白いところです。”

‐加藤哲彦 本文より‐

 

広告コピーには、物語があります。

コピーライターが込めた想いが、コピーに続く物語です。

 

ものづくりにも、同じことが言えるのではないでしょうか。

 

皆さんにとって

特別となる広告コピーが、

そして物語が見つかりますように。

 

ではまた!

 

石堂

 

PREV

NEXT