舶来土建

STAFF BLOG

外壁塗り壁

こんにちは!

舶来土建 久保田です

最近外壁の塗り替え案件が増えてきております。

今回は先日施工させていただいた現場の案内も含め紹介します!

 

案件の聞き取りで

既存外壁がサイディングのケースが大半ですが

タイルやリシン、板金の外壁など対応してきている実績があります

ダイレクト工法と負荷断熱工法の2種を選択して行っていきます

詳しくはカントリーベースのページをご覧ください

 

今回は、ALCパネルより塗り壁施工にしていた過程を

紹介させていただきます!

こちらの写真では

目地を抑えてフラットに近づける処理を行っています

そうすることにより目地部分での材料のやせや割れの軽減につながります!

既存の外壁を残したまま施工できるため

廃材処理が少なく済むので良いですね

この後に全面ベースコート(下塗り材)を塗り付けることと

メッシュを伏せこむことで強固な下地

家にギブスを巻いているような形で

がっちり!!

 

その後、仕上げ材を塗り付け

左官ならではの雰囲気

目地の無いスッキリとした面の仕上がり

+撥水される塗り壁のため汚れにも強くなっている

塗り壁材STOを使用してます!


その他にも

ベースコート施工後

特殊技術であるデザインコンクリートを

使用することにより

海外の雰囲気やお客様の思い描く

外壁空間を作り出すことのできる商品を

取り扱っております!

外壁リノベに興味いただいた方、気になった方

ぜひお問い合わせくださいませ

 

カントリーベース舶来土建

それぞれのホームページへ移動するよう設定しておりますのでぜひご覧ください☝

 

実際の施工した施工例に関してみたいという方はこちら☟

カントリーベース 舶来土建

 

舶来土建のYOUTUBEにて☟

HP紹介動画もありますのでぜひ確認くださいませ!

KUBOTA

PREV

NEXT