舶来土建

STAFF BLOG

仕上げは吹き付け施工で

こんにちは
寒くてもTシャツ率の高いIwamotoです。

先日も施工させて頂きましたが
外壁の仕上げ材も吹き付けの手法を採用すると
各段に施工スピードや掛ける人数もグッと押さえられます。

とはいえ、吹き付け仕上げだとちょっと雰囲気が・・・
ということもあると思いますが

仕上がりを鏝仕上げとしたい場合も
塗装吹き付け業者さん1名と左官で押さえてパターンをつける方2名の3名で
200㎡程度の建物なら1日掛けない程度で完了できる位の作業量です。

適量吹き付け後

鏝で余分な量を伸ばし

鏝でパターン付け

左官側も塗り付ける手間がないので非常に楽です。
凄いですよね。

特にサンデコの外壁は特に超弾性でもあり良い意味で乾きもゆっくりめでです。

吹き付けがどんどん先行されても追っかけ作業での負担も少ないのがグッドです。

吹き付け業者さんが皆様のパートナー業者さんにいらっしゃいましたらお勧めしたい施工手法です。

注意
施工作業自体はとても手間を省けますが・・・その代わりに
養生に関しては吹き付ける箇所以外は基本的にすべて覆う必要がありますし足場周辺への飛散がないように対応に必要です。
養生がしっかり完了できれば80%終了したも同然です笑。

車は特にですね。

ご不明点あればお問い合わせもお待ちしております。
是非効率化も計ってみてください。

 

PREV

NEXT